ローズベリーカラコンには1ヶ月使用と1年使用

ローズベリーのカラコンに1dayはありません。
あるのは、1ヶ月使用と1年使用です。

ワンデーにもいいところはたくさんあって、お手入れもいらないし、気分で変えれるということもあります。
今日はハーフ系、明日はデカ目、学校はナチュラルなんて使い分けもしやすいんです。
でもコスパで考えるとなると、やっぱりマンスリーとか1年使用がベストでしょう。

  • ローズベリー1年使用 VIVID HOLLY
  • ローズベリー1ヶ月使用 VIVID DJJUICY Trend Macaron Charm Premium

なぜ私が1ヶ月使用とか1年使用かのほうが好きかというと、コスパなんですね。
ワンデーは便利な反面、めちゃくちゃにお金がかかるんです。
毎日カラコンを着けるなら、よほどお金に余裕があるなら別ですが、1年使用か1ヶ月使用にしておいたほうが、他のオシャレアイテムにお金をまわす余裕ができるしおすすめなんだ。

ローズベリーカラコンのDIAサイズは?

ローズベリーはシリーズはそれほど多くはないんですが、バリエーションには富んでると思う。
だって、DIA14.0mmから最大で15.0mmのまであるから。
デザインはナチュラルなのはなくて、基本ハーフ系ですね。

ローズベリーカラコンにおすすめメイクは?

やっぱりローズベリーカラコンをつけるなら、ハーフメイクがあうでしょう。
ナチュラルメイクでも小さめのだったら合うかもだけど、目元だけが浮いてしまうかもしれないので、ばっちりメイクできめたいね。

ハーフメイクに合うカラコンの候補としてはカラコン14.0mm「度あり」1年使用ならシェリエというのもあります。

いろんな条件でカラコンを探していますが、レンズ直径14.0mmで度ありの選択ありで最長

1年使用でナチュラルで大人っぽい印象、そう考えると「シェリエ」はぴったりかなと思うんですよね。

14.0mmの1年使用ってそれほどたくさん見つからなかったのですが、コスパを考えるとやっぱりこれかなと。

ブラウン・グレー・ブルー・グリーンの色によってイメージは変わりますけどね。 何より、3トーンカラーって何だか大人っぽいんだけど、洗練されてるというか、都会的な印象もあったりするしね。 14.0カラコンってやっぱり人気みたいで種類も多いんだけど、1年使えるってのがポイントかな。

もちろん、きちんと洗浄とかのお手入れしてないと汚れもたまるだろうし、必ず1年使えるというものではないかもしれないけど、ちょっとでも目を労わるためにも、ケアは怠らないようにしよう。 ナチュラルさでいうと、シェリエブラウンがいいかな。

実際に1年間着けれる状態を保つには結構ながんばりも必要です。 肌の状態にあわせてコスメの量も調整するほうが理想なんですが、カラコンの場合は、目の状態にあわせて装着しない日をつくることも大事です。 エアコンをつけまくる夏場は目も乾燥しやすくなるんだけど、そこで目薬三昧となると、目の状態を自力で調整しようとする機能が衰えるのではないでしょうか。

ジルシリーズも盛れるしローズベリー以外なら候補かな

GLAMカラコンの中でもバツグンの存在感のある「JILL」。
シリーズ最初に登場したのが「ハニーバニー」ですね。

価格は「度なし1,980円」、「度あり2,980円」という激安価格です。
これほどコスパがいいカラコンも珍しいかなと思えるくらいです。

レンズが薄くて着け心地が良いって声があるのは、キャストモールド製法だからかな。
どれくらの時間つけるかにもよるけど、そんなに長い時間つけなくても疲れたり痛くなったり乾燥したりするのもあるけど、ハニーバニーは心地良いって評判ですよね。

カラーは5色です。ブラウン・ブラック・グレー・ブルー・ピンクになります。

レンズが14.8mmと比較的大きめでかなり盛れる感じです。
フチありだけどナチュラルにもいけそう。

同梱については、JILLのカラコンは、同じJILLのみ可になります。
新しく登場したクチュールとかとは同梱できませんね。
ちゅるんって瞳が好きならこれは買いかな。

1年もワンデーもJILL(ジル)のウケいいです。
発売から少し経ちましたが、今日はJILL(ジル)カラコンのハニーバニーワンデーを紹介します。
モテコンも同じように1年使用のがあって、ワンデーが発売されましたが、レンズ直径もデザインもかなり違うものでした。
ではジルの場合はどうでしょうか。
まずシリーズでいうと、ジルハニーバニーのシリーズからとなります。
装着画像を見比べても1年使用のとそんなに変わらないよね。
ただ、レンズ直径は14.8mm→14.5mmになりましたよ。
GLAMのカラコンランキングではどうかなと見ているところです。
相変わらずGLAMではロデオカラコンのピンキーデビルウルトラビッグが人気みたいですね。ランキングでも1位になってました。
ジルのワンデーについてどう思うかですが、いろいろ想定されます。
1年使用の場合は、度なしなら1,980円プラス送料で買えるコスパの良さもあって学生とかでも買いやすいというのがあったと思う。
毎日着けるならなおさら長期使用のメリットを感じれるのではないでしょうか。
ところが、ワンデーの場合毎日着けるのはコストがかかりすぎると思う人もいるでしょう。
逆に、休日だけカラコンを着けたいとか、キャバドレスを仕事で着る時だけ盛れるのがいいという場合はワンデーのほうが使いやすいと感じるかもしれません。
結局普段の生活によってどちらを選ぶか決めるわけですから、良いも悪いもないわけです。
選択肢が増えるというのは非常に嬉しいことではありますけどね。

ローズベリーの場合はワンデーがありませんから、もしどうしてもワンデーに拘るならジルって手もありだろう。

notワンデーbut1年!ローズベリーカラコンの現状

新しいもの好きというわけではありませんが、現状に満足できない性格なのでちょっと損をしてるというか、宜しくない気がしています。
でもそう簡単に変えれるものではありませんからね。
さてローズベリーですが、使用期間からみていきましょう。結論としては最長1年のタイプですね。ワンデーもあるのかと思っていましたが、私が知る限り使用期間は1年使用オンリーだと思います。
友達に聞いても、すごく意見の分かれるところではありますが、褒めちぎる人もいれば、悪い評価を下す人もいます。目論見が狂ってくることもあるのは、やはりネットの画面での色と実際の色が違っていたときではないでしょうか。
ローズベリーを含め、1年使用でおすすめのを紹介する前に、今日はワンデーで好きなレンズを載せておきます。

ワンデーピュアナチュラルフレア(1day Pure Natural Flare)カラコンには3色のカラバリがあるんです。
リュクスブラウン、シアーブラウン、シアーブラックです。着色がドットになってるので自然って口コミでも評判ですよね。
裸眼と見間違えるほどナチュラルに馴染むけど、これを着けてると着けてないのでは印象が違う、そんな感じかな。激安ワンデーの一つかなと思います。

あくまで販売ページに掲載されていた装着画像のイメージですが、ワンデーピュアナチュラルフレアのカラコンはこんな感じかな。
だいたいイメージは出来るんですが、目に装着してる写真を見ても、やっぱり印象ってメイクの影響も大きいですよね。
目元のメイクをばっちりきめてる写真がほとんどなので、いざすっぴんの時に、自分につけてみると、全然違うじゃないってこともあるし。

装着前はカラコンをつけてないだけでなくメイクもしてないってこともあったり。
まあそんなことはいいとして、このカラコンの特徴について。
いろんな特徴がありますが、私が一番印象に残ってるのは、着色ですね。

例えば、「ブラウン」のカラコンというのはいくらでもありますね。定番色なので、カラバリに入ってないことのほうが少ないでしょう。
でも、同じカラーでも着色の仕方で全然イメージが違いますよね。
ピュアナチュラルフレアは着色がドットになってるんです。
ナチュラルなカラコンって結構同じようにドットになってるのってありますね。
つけると分かりますが、自然に馴染む感じかな。
こういうところは画像ではちょっと分かりにくいんですよね。

ローズベリーについて分からないことがあったら、結局ネットで調べることになるんですが、あまり当てにならない個人的な意見が多いので、一目ぼれしたなら買ってみることがベターだろう。