ローズベリーカラコンに納得できる買い判断

ローズベリーカラコンにおける優位性といいますか、買いたいと判断する要素は何かを考えていると、ますます思うのが、他のメーカーの韓国カラコンなりのことを知っておきたい衝動にかられました。
そこで一つのカラコンを紹介しておきます。

センスマニアのカラコンはほとんどがサンドイッチ製法で一部フルキャスティングモールド製法ですね。それぞれどういった製法かを見ていきましょう。
センスマニアカラコンのサイトを見てると分かりますが、サンドイッチ製法のとフルキャスティングモールド製法のがありますね。
ほとんどはサンドイッチ製法なんですが、

  • ティアラ
  • エレメント
  • クラッシー

これらはフルキャスティングモールド製法みたいですね。

サンドイッチ製法については、言葉の通り、色素の部分をレンズとレンズでサンドイッチする、つまり挟み込むという製法です。
色素が目に直接触れることがないので安心して使えるメリットがある一方、どうしても2枚のレンズで挟むため、レンズ自体が厚くなってしまい、違和感を感じるかもしれません。

フルキャスティングモールド製法については、私の知る限りはのことですが、1枚のレンズに色素を閉じ込めた製法だったと思います。詳しくは専門サイトかセンスマニアに直接聞いてみて下さい。
こちらのほうがレンズが薄いようです。

どう違うんでしょうね。安全性についてはよく分かりませんので、今のところ私はあまり気にしてませんが。

カラコン使用者からすると、当然安全なカラコンのほうがいいに決まってますし、装着感がいいほうがいいに決まってます。
でもそれがはっきりしないのが困ります。
今後どの製法が一般的になるんでしょうね。メイクルームカラコンにしてもサンドイッチ製法が多いですし、着け心地がいいという口コミもありますし、他の製法のものでも同様のコメントも見受けられます。
センスマニアクォーターもサンドイッチ製法ですね。
個人的には今後どうなっていくのかは分かりませんが、さらに安全で安心して着けれるカラコンが開発されることを望んでいます。

ローズベリーの使用期間とおすすめポイント
やはり買うかどうかの判断というのは、使用期間だったりというのも一つのポイントであると感じます。